名古屋企業型確定拠出年金(401k)導入サポート

運営元:ダイレクトHR (〒451-0046 愛知県名古屋市西区牛島町5番2号名駅TKビル5F)

お気軽にお問合せください(平日9時~17時)

052-485-4570

確定拠出年金とは

確定拠出年金(日本版401k)とは

確定拠出年金(日本版401k※)とは、企業年金(企業が自社の社員に対して年金を支払う仕組み)の一つです。

確定拠出年金法を根拠としており、日本では2001年(平成13年)10月から始まりました。

確定拠出年金には、会社が企業年金制度として採用する「企業型確定拠出年金制度」と個人が資産形成として加入する「個人型確定拠出年金」の2種類があります。

企業型確定拠出年金も個人型確定拠出年金も、税制等のメリットを享受しながら、老後の積み立てを行うことができます。

自分で自分の年金の積み立てを行うため、「じぶん年金」とも呼ばれています。

※確定拠出年金制度は、アメリカで実施されていた401k制度に倣って施行されたため、「日本版401k」とも呼ばれています。

従来の企業年金との違い

企業年金とは、企業が従業員の老後の生活をより豊かにするために、選択的に導入する年金のことです。

従業員側から見ると、厚生年金や国民年金等の公的年金に加えて、企業からも年金が支払われることになります。

企業年金を大きくわけると「確定給付年金」と「確定拠出年金」の2種類に分かれます。

「確定給付年金」とは?

確定給付年金は、老後に受け取る給付額が確定していることが特徴です。

あらかじめ給付される金額を確定させ、その給付額を賄えるよう、毎月拠出する掛金が変動します。

「確定拠出年金」とは?

確定拠出年金は、毎月の掛金が確定していることが特徴です。

毎月決まった額の掛金を運用するため、将来の給付額は運用実績によって変動します。

どちらもメリットとデメリットがありますが、近年はより多くの企業で確定拠出年金が選ばれています

確定拠出年金は掛金が先に確定しているため、企業は費用の予測がしやすく、従業員にとっても離転職時に年金資産の持ち運びができるなど、双方にメリットがあるからです。

企業型?個人型?

確定拠出年金は「企業型」と「個人型」の2種類があります。

企業型確定拠出年金の特徴は、企業が掛金を積立て、従業員が運用する制度であるということです。

企業が掛金を積み立てるわけですから、確定拠出年金制度を設けている企業に所属していないと加入できません。

企業型確定拠出年金とは?

企業型確定拠出年金の掛け金上限額は最大年間660,000万円で、個人型の最大276,000円と比較しても高く、節税メリットを多く享受できることが最大の特徴です。(個人型の拠出限度額は第2号第3号被保険者の場合)

また企業型確定拠出年金は積み立て時に給与としてみなされないため、社会保険料の対象とはなりません。

積み立てることで標準報酬月額が減少した場合、厚生年金保険・雇用保険・労災保険等の一部給付が減少する可能性があります。

個人型確定拠出年金とは?

個人型確定拠出年金(iDeCo※)は積み立て時の掛金は全額所得控除されます。拠出した掛金の年間の総額を所得から差し引けるため、その分の所得税と住民税が軽減されるのです。
また個人で申込をするため、雇用形態にかかわらず加入することができます。

ただし、手数料も個人負担ですので、企業負担である企業型と比較するとメリットが少ないかもしれません。

※iDeCo(イデコ)の愛称でも呼ばれています。

個人型と企業型はよく比較されていますが、個人の状況によって選択肢が限られる場合があります。

どちらも節税メリットがあるので、自身や会社の状況に合わせて、上手に活用していきたいものです。

SBIじぶん年金プランの紹介

企業型確定拠出年金を導入するのであれば、様々な企業の状況に合わせて対応できる制度を選ぶべきです。

先が見えない経済環境が続いています。今はよかったとしてもいつ何が起こるかわからないのが、企業経営です。

ダイレクトHRでは、そんな企業の状況に合わせて、選択制確定拠出年金をはじめとした様々な制度設計ができる「SBIじぶん年金プラン」をご用意しています。

システム開発費用を抑えることにより、安価な運営管理手数料で運用可能。

手数料が高いために導入をあきらめていた中小企業の皆様に、是非お勧めしたいプランとなっています。

企業型確定拠出年金で節税メリットを享受したいのであれば、ぜひ「SBIじぶん年金プラン」もご検討ください。